エフエム熊本放送番組審議会
前回へ

第338回放送番組審議会 報告

1. 開催日時
令和 元年 6月 5日(水)13時30分から
2. 開催場所
FMKエフエム熊本本社 3階会議室
3. 出席委員
委 員 長
副委員長
山崎 広道   熊本大学副学長
堀  栄裕   会社員
榎  主税   会社員
國吉 晴美   主婦
岡本 花梨   大学生
会社側出席者    浜田社長ほか3名

自社制作番組
「サキpresentsアンサーチェック」

時間: 金曜 15:20~15:25
出演: かなぶんや
提供: サキ

 FMKの放送で流れるCM内でクイズを出題し、番組内で答え合わせする。
<審議内容>
  • 構成がしっかりしていて、効果音の使い方も上手い。
  • かなぶんやさんの役どころが面白い。
  • クイズの難易度は丁度よい。
  • BGMや効果音が印象的で、惹きつけられる。
  • ミステリアスな屋敷の雰囲気をうまく表現している。
  • 執事と住人というキャラクターの設定が面白い。
  • リスナー参加型の番組なので楽しめた。
  • FMKの放送で流れるクイズを聴いていなくても楽しめる。
  • 番組とスポンサーがとてもうまくマッチしている。
  • 典型的だが有効なメディアミックスが成立している。
  • 宣伝効果が高い。好感度が上がった。FMKの宣伝にもなっている。
  • あらかじめクイズが流れる時間を知っておきたい。
  • 短い番組だが内容が凝縮されていて印象に残った。
  • 問題を考える時間が、あと少しあればよい。

ネット番組
「FAMILY DISCO」

時間: 土曜 11:30~11:55
出演: DJ OSSHY

 80年代ブームが再燃する中、ディスコミュージックとダンスの魅力を届ける。
<審議内容>
  • リスナーのメッセージやアーティストのコメントは、興味深かった。
  • ブログは充実しているが、雑然としていて見にくい。
  • 青春時代を思い出した。
  • DJ OSSHYさんのしゃべりには、素直さと誠実さが表れていた。
  • 家族で、親子で、ディスコミュージックを聴くという企画は、面白い。
  • 健全なところと明るいところが印象に残った。
  • 月に1度聴けるゲストの話は、興味深かった。
  • 家族、親子が揃って楽しめる。
  • ウェブは見にくいが、DJ OSSHYファンには堪えられないだろう。
  • 世代の垣根なく音楽を知り、楽しめるところがよい。
  • 親と子が自然にコミュニケーションできるので絆が深まる。
  • DISCOミュージックやダンスは、音感やリズム感を育んでくれる。
  • 選曲がソフトなので、やかましさは一切感じなかった。
  • 聴きやすい番組だが、コンセプトがみえにくい。
  • 懐かしさが感じられ、あっというまに時間が過ぎた。

放送番組審議会事務局は、審議内容を関係者に伝達しました。